アイランド初日レポだけでの神宮寺担の感想

3幕構成って何?え?休憩2回あるの?って最初聞いたときは分からなかったけど、何だいつも通りか。って時間構成の面では納得。

予定が詰め込んでいて月末しか行けない私が初日にできる事って言ったら、ひたすら神宮寺くんのレポを探すくらいで…
1幕が終わるのが19時
そのあたりからひたすら検索しまくっていて、ようやく見つけたレポが、

 

「チーム者リーダー君臨」

 

え、、、、

 


久しぶりにスネア叩いてる神宮寺くんを見れるってことですか、、、

 


ここに来て、スネアを叩いてる神宮寺くんを見れるとは思ってもなかったから舞い上がってると、立ち位置0番って、、、、


更に舞い上がりましたね。
慣れないドラムスティックを持って練習しまくっていたあの夏、EX時代を思い出す。
はい、懐古芸人始まりました(笑)
自分自身高校時代に吹奏楽部で打楽器をしていただけに、神宮寺くんのこの時の叩き方好き!とかシンバルやってる!(語彙力)とかファンカッションで何度好き好き♡ってなったことやら…
これで一つ月末に観劇する時の楽しみが増えました。

 

そして、なんと言っても日本兵硫黄島のシーン
今回世代交代が激しいって聞いていた為、ほぼほぼ神宮寺くんが日本兵の役をすることはないんだろうなぁ…って思ってたけど、そこはまだ残っていた!!

衣装が多少変わってるらしいけど、そんなの関係ない!神宮寺くんの日本兵役であのセリフが聞ければ私は大満足です!!


演出時系列的には、日本兵→スネアだよね(笑)
書きたいことから順に書いてるからそのあたり無茶苦茶なのはお許しを…

 

全体が終わったくらいの時間に次は2幕3幕のレポ…♡
ってなったけど、後半は一言で言うと1人で見るにはきつい…

2幕3幕の間は特に休憩なく一区切りって感じなのは把握できたけど、シンデレラガールから始まるなんて…
キンプリアイランドってこういうことか…

 

休養中の岩橋くんの場所もしっかり開けているって知ってすでに泣きそう()
岩橋くんのパートまたまた神宮寺くんが歌ってるなんて本当にありがとうございます!(語彙力)
そして、描いた未来〜を2人で歌うなんてどういう感情で見ればいいのでしょうか。
ユメアイ!!懐古!!
ツアーでも披露してくれたけど、あのスクリーンとの3人での演出があってこその曲だと思うから、それを2人で、しかも、岩橋くんのパートは2人で歌うだなんて涙腺崩壊しそう。


1幕は気持ちもったとしても2幕で涙腺崩壊なるし感情無茶苦茶になりそうだなぁ…ってレポだけで思いました。
あ〜〜〜〜
月末1人で入って心臓保つだろうか…()

 

次は自担かもしれないと思う恐怖


先日の岩橋くんのパニック障害の件といい、今回の松島くんの件といい、あまりにも突然過ぎて言葉を失った。


まさか自担がパニック障害になってるなんて普通なら想像もしないだろう。

 

岩橋くんの時に他人事のように思ってた松島担が今回の一件で、落ち着きを失ってる姿を見て、アイドルとして人の前に立って歌って踊ってる仕事をしているが、もしかしたら私の担当だってパニック障害とは言わないが何か精神異常を抱えてるのかもしれないと考えてしまう。
いままで当たり前のように歌って踊ってる姿をテレビやコンサートで観ていたあの彼が…って私は思ってしまった。

 

 

 

療養も必要だけど、これからパニック障害とどのように付き合っていくのかを考えていくのも必要なのでは?


意外と何気ない友達や親の一言でパニック障害が治るってこともあるし…って思うと1日も早く戻ってきてまた歌って踊ってる姿を見たいとおもった。

おめでとう?

1/17㈬学校が終わって友人とお茶をしている時にその連絡は届いた。

 

 

 

 

 

「デビューおめでとう!」

 

 

 

 

 

 

え、、、、、、、

何が起きてるの、、、、、、、

 

 

 

 

 

慌てて調べてみると行われていた記者会見でMr.KINGとPrinceのデビューが発表されたとのこと。

こんなはずじゃなかった。

私が想像していた、自担のデビューを知るタイミングではなかった。

ましてや自分の目で知るのではなくSNSで知るという。

時代は変わったものだ。

 

ましてや帝国劇場での公演の最中ではないか。

私自身まだこの公演を観に行っていなかった為、観る際どのような気持ちで観ていいものかわからなかった。

正直デビューするということを受け入れないまま観に行ったわけですが…

 

 

そして2/1㈭今日

KING&Princeのファンクラブが成立

なんだろこの気持ち。

素直におめでとう、よかったね!って言えない自分が悔しい。

かと言ってこのままデビューしてほしくなかったわけではない。

 

こんなこと言いたくないけど、なんでこの6人なの?

なんでこのタイミングなの?

いろいろ思うことはあるけど、気づいたら手は勝手に動いてるものでファンクラブ支払い完了しているという…

 

デビューした神宮寺勇太を応援していきたい反面もっと先輩たちの活躍している姿をみて成長していってほしかったという思いもある。

 

とりあえず…

 

 

 

 

 

これからの活躍

 

期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

遅ればせながら少年たち記録簿

 

毎回気にはなっていたものの、わざわざ自担が居ないのに関東まで行くのはな…と思っていた「少年たち」

SnowManとSixTONESとの共演

ついに今年大阪公演があるってことで、11/3の夜公演にお邪魔してきました。

 

入る前の段階で、私が知っていた知識としては、

 

1、ジェシー死ぬ

2、桶ダンス

3、京本大我が黒髪

4、舞台だけど踊る

 

このくらいで、たいして情報を仕入れずに当日を迎えた。

東京公演の時から、レポは流れてくる程度しか見ていなかったけど、どういうものなのかははっきり分かっていなかった。

始まってオープニングのすとがまあかわいいこと!!!!

 

すのが歌っている後ろ(lucky man)で上手下手3ずつ分かれて階段に縦にならんで踊っているんだけど、膝は軽く屈伸運動していて、両手を頭上に挙げてひたすら手拍子!!

あの顔でこんなかわいい子とするの!?(失礼)って正直思っていました。

 

そして、京本くんの黒髪のかわいいこと!

新入り=黒髪

いいと思う!あの美声を聴けただけで、寿命数年延びた気がする(笑)

 

いつもレポで回ってきていたことがここにきて解決!!

実際の流れとは順番が違いますが、伝単での樹くんと高地くんのアドリブ

IQの大きさには爆笑するし、私が入った公演は、あっちむいてほいしてたし…

あの樹くんが…って感じでした。

一番みたかった(気になっていた)のが桶ダンス

絶対アキラ100パーセントさんみたいじゃんって思っていたけど、やっぱりそうだった(笑)でも本家とは違うのがかっこよさ!

さすが鍛えているだけあります!

個人的に岩本照くんメインで観ていたんですが、まさか、本人の口から「シルバニアファミリー」って生で聴けるなんて思っていなかったから、その瞬間が一番興奮しました。

通天閣でキティーちゃんに興奮するジェシーくんn

顔と好きなもののギャップやばいです。

 

観ていて終始思っていたのが、Princeには出来ない公演だな…とは思いました。

よそ様に見せれるレベルで鍛えれているのは岸くんくらいなのかな…

岩橋くん扱い姫だし、あそこまで鍛える気なさそうだし…

神宮寺くんは演技になると異様にセリフ力むし…

 

一度は行ってみたかった公演だっただけに私的満足でした!

一度じゃなくて、正直二度、三度って入りたかった…(笑)

SnowMan、SixTONESのみなさん大阪松竹座での公演ありがとうございました!

そして東京日生公演からお疲れさまでした!!

 

 

 

 

銀二貫~原作、ドラマ化を経ての舞台化~

 

6月の大阪松竹座公演「銀二貫」

 


これは、ジャニーズ絡み無くても個人的には観に行こうと思っていた作品だった。


そんなん私の心理を読み取られたのか、関西ジャニーズJr.が4人も出るではないか(笑)

11日間の公演の中私が観に行かせてもらったのがまだまだ初日の3日目だった。

 


2014年にNHK林遣都がドラマ化する前から原作は読んでいたので、物語としては全く知らないわけでは無かった。

寧ろドラマと舞台だとどう変わるのかと期待があった。

 

 

 

照明が落ち、いよいよ始まる…
幕間を挟み3時間超の公演

内容は把握済みだったこともあり、内容を理解するのに時間はかからなかった。

 

丁稚の3人に抜擢されていたのが、藤原丈一郎朝田淳弥大橋和也

あくまで私個人の感想になるが、亀吉は役というよりも素に近かったのではないかと思う。また、梅吉は広告の段階から商人感が強かったこともあり予想を裏切らない役ではないかと思った。

そして、定吉

この方のフォルムは完璧すぎる

日本人顔で鬘も一番似合っていて、なんと言っても亀吉との絡み具合は最高すぎた

 

落語家目当てで観に来ている老人であったり大人の方々はこのジャニーズJr.の抜擢をどのように思っているかは分からなかったが、幕間で近くの座席に座っていた老夫婦の会話を聞いてすこし嬉しかった。

 

あの子たちジャニーズJr.なんだってね~

みえないね~

あの子たちが歌って踊っているのね~

 

なかなかの手応え←おい

 

全体を通して、原作ドラマと大きく異なることもなく、ジャニーズだからといって特別感はなく、とても話に入って行きやすかった。

良い感じに亀吉は弄られ笑いもあり堅苦しくなく、気楽に老若男女問わず観れるような作品だったのではないかと思う。

 

 

皆さんお疲れさまでした。

 

 

おわり

 

ヒガシからはじまりカンパニーでおわる。

12/3から帝国劇場で始まったJOHNNY'S ALL STARS ISLANDが年をまたぎ1/24無事閉幕となった。

 

コンセプトとしては「みんなが主役」

そして、完全新作舞台

個人的には上演前から楽しみではあった。

しかし、地方(関西)住みが故にそう簡単に観劇することが出来ない。ましてや、上演期間が12月から1月と試験真っ只中だった。

唯一行ける!と思ったのが年末年始…

絶対倍率高い…と思いながら申し込んだが全滅

手数料だけ徴収され返金…はぁ

 

 

結局友人が当たったチケットで観劇させてもらいました。(1/5 夜)

 

12月WSでも取り上げられ、初日ゲストが東山紀之さん…え?!?!

ヒガシが?!おおお?!

これは自分が行く公演期待できるぞ!

と胸を踊らせて遂にやってきた1/5

 

 

12月公演だけでも堂本光一様、えび、亀梨くん、佐藤アツヒロさん、三宅健

で、クリスマススペシャル?!

1月はお正月スペシャル?!

2階席ハイタッチ?!

 

ますますテンション上がってました。

元々NEWSが好きな私はワンチャン来ても良いんじゃない?って言う期待はありましたが12月、公演の半分が終わった地点でゲストとして出演する気配もなく…

 

 

 

そして、始まりました!

 

 

 

ここからはチョー適当な私の感想です(笑)

 

まず、所々私のココロの声が漏れていたと思います()

最初のJr.マンションなんか特に

ジャニーズフューチャーワールドの時も関西ジャニーズJr. のマンションはあったものの、自担が入っているマンション自体観るのがなかった為、もう感動でした。

その上、マンション位置ズレ0って探す必要もなくひたすらオペラグラス構えて眺めてました。

水色のスーツ思ったより似合うんだなぁ…

でも、白、赤、のあのスーツでもかっこよかったなぁ…って()

 

 

個人的に自担推しポイントが、打楽器パフォーマンスなんです。

ガムシャラ!前から神宮寺勇太が好きだったが、自分自身が小さい頃からピアノであったり鍵盤系の楽器が好きだったこともあり、高校時代吹奏楽部に入り、パーカッションパートとして演奏していた。

がために、スネア叩いていたり、バケツパフォーマンスしていたり、今回の和太鼓している姿もとてつもなく愛おしくて…

 

そして、竹フライング

大きなフライングよりもある意味見応えがあった。

これも位置ズレ0(よしっ)

 

2幕のゲストはというとまさかのお正月スペシャ

ってことで2階席来てくれました!

しかも通路横!友人ありがと!

だけど、自担神宮寺勇太来ず…(泣)

 

Mr. KINGの平野紫耀くんと永瀬廉くんが来てくれてちゃっかりハイタッチ()

男らしい手だこと…と感心している間に1階席に戻って行って後はひたすら余韻…(笑)

 

Jr.全員が上半身脱いでいたシーン(細かく覚えてない)では岩橋玄樹くんの成長ぶりに目を疑った。

少し前の雑誌ではまだまだ幼児体型だったのにしっかり引き締められていて、おおお…と。

 

まとめると神宮寺勇太カッコ良かった!

Princeやっぱり好きだわ!

 

 

 

※あくまで私個人の意見です

色々指摘部分あるかと思いますが

意見には個人差があります

 

 

おわり

 

 

 

 

新年初更新

 

あけましておめでとうございます。

2017年になってから初の更新となります。

2016年は更新率が亀のように遅かったこともあり、自分の書きたいことが全て書けずに下書きに残ってしまうことも多々…

 

今年は更新ちょこちょこしていきたいと思っております。

 

 

今年の抱負?(目標)を考えた時、1年後2018年は自分にとって成人式を迎えることになる。

19歳もあと、7ヶ月で終わる

今まで以上に、20歳になる自覚を持つことが必要だと思った。

振る舞いや考え方など、今の私には不十分なこと、まだまだ成長出来ることがあると思う。

と、同時に美容についても興味を持ちたい。

 

今まで全く興味がなかったかと言われれば、そうではない。

興味はあるが、それを実行に移すことをしなかった。

女性らしさ

を求めていきたい。

 

 

 

 

 

1年後あなたが日本へ戻ってくるまでお互いスキルアップ、自分磨きを…

自分の夢へ向かって1つずつ着実に進んでいきましょう。

 

 

おわり。