遅ればせながら少年たち記録簿

 

毎回気にはなっていたものの、わざわざ自担が居ないのに関東まで行くのはな…と思っていた「少年たち」

SnowManとSixTONESとの共演

ついに今年大阪公演があるってことで、11/3の夜公演にお邪魔してきました。

 

入る前の段階で、私が知っていた知識としては、

 

1、ジェシー死ぬ

2、桶ダンス

3、京本大我が黒髪

4、舞台だけど踊る

 

このくらいで、たいして情報を仕入れずに当日を迎えた。

東京公演の時から、レポは流れてくる程度しか見ていなかったけど、どういうものなのかははっきり分かっていなかった。

始まってオープニングのすとがまあかわいいこと!!!!

 

すのが歌っている後ろ(lucky man)で上手下手3ずつ分かれて階段に縦にならんで踊っているんだけど、膝は軽く屈伸運動していて、両手を頭上に挙げてひたすら手拍子!!

あの顔でこんなかわいい子とするの!?(失礼)って正直思っていました。

 

そして、京本くんの黒髪のかわいいこと!

新入り=黒髪

いいと思う!あの美声を聴けただけで、寿命数年延びた気がする(笑)

 

いつもレポで回ってきていたことがここにきて解決!!

実際の流れとは順番が違いますが、伝単での樹くんと高地くんのアドリブ

IQの大きさには爆笑するし、私が入った公演は、あっちむいてほいしてたし…

あの樹くんが…って感じでした。

一番みたかった(気になっていた)のが桶ダンス

絶対アキラ100パーセントさんみたいじゃんって思っていたけど、やっぱりそうだった(笑)でも本家とは違うのがかっこよさ!

さすが鍛えているだけあります!

個人的に岩本照くんメインで観ていたんですが、まさか、本人の口から「シルバニアファミリー」って生で聴けるなんて思っていなかったから、その瞬間が一番興奮しました。

通天閣でキティーちゃんに興奮するジェシーくんn

顔と好きなもののギャップやばいです。

 

観ていて終始思っていたのが、Princeには出来ない公演だな…とは思いました。

よそ様に見せれるレベルで鍛えれているのは岸くんくらいなのかな…

岩橋くん扱い姫だし、あそこまで鍛える気なさそうだし…

神宮寺くんは演技になると異様にセリフ力むし…

 

一度は行ってみたかった公演だっただけに私的満足でした!

一度じゃなくて、正直二度、三度って入りたかった…(笑)

SnowMan、SixTONESのみなさん大阪松竹座での公演ありがとうございました!

そして東京日生公演からお疲れさまでした!!

 

 

 

 

銀二貫~原作、ドラマ化を経ての舞台化~

 

6月の大阪松竹座公演「銀二貫」

 


これは、ジャニーズ絡み無くても個人的には観に行こうと思っていた作品だった。


そんなん私の心理を読み取られたのか、関西ジャニーズJr.が4人も出るではないか(笑)

11日間の公演の中私が観に行かせてもらったのがまだまだ初日の3日目だった。

 


2014年にNHK林遣都がドラマ化する前から原作は読んでいたので、物語としては全く知らないわけでは無かった。

寧ろドラマと舞台だとどう変わるのかと期待があった。

 

 

 

照明が落ち、いよいよ始まる…
幕間を挟み3時間超の公演

内容は把握済みだったこともあり、内容を理解するのに時間はかからなかった。

 

丁稚の3人に抜擢されていたのが、藤原丈一郎朝田淳弥大橋和也

あくまで私個人の感想になるが、亀吉は役というよりも素に近かったのではないかと思う。また、梅吉は広告の段階から商人感が強かったこともあり予想を裏切らない役ではないかと思った。

そして、定吉

この方のフォルムは完璧すぎる

日本人顔で鬘も一番似合っていて、なんと言っても亀吉との絡み具合は最高すぎた

 

落語家目当てで観に来ている老人であったり大人の方々はこのジャニーズJr.の抜擢をどのように思っているかは分からなかったが、幕間で近くの座席に座っていた老夫婦の会話を聞いてすこし嬉しかった。

 

あの子たちジャニーズJr.なんだってね~

みえないね~

あの子たちが歌って踊っているのね~

 

なかなかの手応え←おい

 

全体を通して、原作ドラマと大きく異なることもなく、ジャニーズだからといって特別感はなく、とても話に入って行きやすかった。

良い感じに亀吉は弄られ笑いもあり堅苦しくなく、気楽に老若男女問わず観れるような作品だったのではないかと思う。

 

 

皆さんお疲れさまでした。

 

 

おわり

 

ヒガシからはじまりカンパニーでおわる。

12/3から帝国劇場で始まったJOHNNY'S ALL STARS ISLANDが年をまたぎ1/24無事閉幕となった。

 

コンセプトとしては「みんなが主役」

そして、完全新作舞台

個人的には上演前から楽しみではあった。

しかし、地方(関西)住みが故にそう簡単に観劇することが出来ない。ましてや、上演期間が12月から1月と試験真っ只中だった。

唯一行ける!と思ったのが年末年始…

絶対倍率高い…と思いながら申し込んだが全滅

手数料だけ徴収され返金…はぁ

 

 

結局友人が当たったチケットで観劇させてもらいました。(1/5 夜)

 

12月WSでも取り上げられ、初日ゲストが東山紀之さん…え?!?!

ヒガシが?!おおお?!

これは自分が行く公演期待できるぞ!

と胸を踊らせて遂にやってきた1/5

 

 

12月公演だけでも堂本光一様、えび、亀梨くん、佐藤アツヒロさん、三宅健

で、クリスマススペシャル?!

1月はお正月スペシャル?!

2階席ハイタッチ?!

 

ますますテンション上がってました。

元々NEWSが好きな私はワンチャン来ても良いんじゃない?って言う期待はありましたが12月、公演の半分が終わった地点でゲストとして出演する気配もなく…

 

 

 

そして、始まりました!

 

 

 

ここからはチョー適当な私の感想です(笑)

 

まず、所々私のココロの声が漏れていたと思います()

最初のJr.マンションなんか特に

ジャニーズフューチャーワールドの時も関西ジャニーズJr. のマンションはあったものの、自担が入っているマンション自体観るのがなかった為、もう感動でした。

その上、マンション位置ズレ0って探す必要もなくひたすらオペラグラス構えて眺めてました。

水色のスーツ思ったより似合うんだなぁ…

でも、白、赤、のあのスーツでもかっこよかったなぁ…って()

 

 

個人的に自担推しポイントが、打楽器パフォーマンスなんです。

ガムシャラ!前から神宮寺勇太が好きだったが、自分自身が小さい頃からピアノであったり鍵盤系の楽器が好きだったこともあり、高校時代吹奏楽部に入り、パーカッションパートとして演奏していた。

がために、スネア叩いていたり、バケツパフォーマンスしていたり、今回の和太鼓している姿もとてつもなく愛おしくて…

 

そして、竹フライング

大きなフライングよりもある意味見応えがあった。

これも位置ズレ0(よしっ)

 

2幕のゲストはというとまさかのお正月スペシャ

ってことで2階席来てくれました!

しかも通路横!友人ありがと!

だけど、自担神宮寺勇太来ず…(泣)

 

Mr. KINGの平野紫耀くんと永瀬廉くんが来てくれてちゃっかりハイタッチ()

男らしい手だこと…と感心している間に1階席に戻って行って後はひたすら余韻…(笑)

 

Jr.全員が上半身脱いでいたシーン(細かく覚えてない)では岩橋玄樹くんの成長ぶりに目を疑った。

少し前の雑誌ではまだまだ幼児体型だったのにしっかり引き締められていて、おおお…と。

 

まとめると神宮寺勇太カッコ良かった!

Princeやっぱり好きだわ!

 

 

 

※あくまで私個人の意見です

色々指摘部分あるかと思いますが

意見には個人差があります

 

 

おわり

 

 

 

 

新年初更新

 

あけましておめでとうございます。

2017年になってから初の更新となります。

2016年は更新率が亀のように遅かったこともあり、自分の書きたいことが全て書けずに下書きに残ってしまうことも多々…

 

今年は更新ちょこちょこしていきたいと思っております。

 

 

今年の抱負?(目標)を考えた時、1年後2018年は自分にとって成人式を迎えることになる。

19歳もあと、7ヶ月で終わる

今まで以上に、20歳になる自覚を持つことが必要だと思った。

振る舞いや考え方など、今の私には不十分なこと、まだまだ成長出来ることがあると思う。

と、同時に美容についても興味を持ちたい。

 

今まで全く興味がなかったかと言われれば、そうではない。

興味はあるが、それを実行に移すことをしなかった。

女性らしさ

を求めていきたい。

 

 

 

 

 

1年後あなたが日本へ戻ってくるまでお互いスキルアップ、自分磨きを…

自分の夢へ向かって1つずつ着実に進んでいきましょう。

 

 

おわり。

 

 

 

 

2016年参戦歴改めてまとめてみた


ジャニーズカウントダウンコンサート 

→個人的には数年振りで、アリーナという何とも言えない感情。

KAT-TUN充電期間前最後と言ってもいい場でもあり、嵐がMC

個人的大満足公演でした。

 

 

 

 

 ジャニーズWEST : ラッキィィィィィィィ7 

→カウコンから帰ってきた翌日ってこともあり、体調最悪な状態で行って参りました。

普段NEWSを主として入ってる私としては、MCが個性的であったり、ゲームコーナーがあることに新鮮さを覚えました。

それは、3月公演も同様で他のグループでは味わう事のない公演でした。

 

 

 

 タッキー&翼 : YOUは何しに?タッキー&翼CONCERTそこにタキツバが私を待っている正月は東京・大阪へ.

→定価割れしてるよ。って言われた時にチケットを手に入れ、トラジャが付くんだよ!って言われて相場見てびっくり!

ここまでJr.で変わるとはタキツバも可愛そうだ…って正直思ってしまった。

2人で城ホは広いのでは?と思っていた時もあったが、2人だとこのサイズ感がファンとの距離も近く、とても楽しかったです。

 

 

 

関ジャニ∞関ジャニ∞の元気が出るLIVE!! 

→開演前の注意事項VTRは他のアーティストではまず見られないと思います。

そして、バンド演奏。

関ジャニ∞だからこそ魅せられる演出が盛りだくさんでとにかく楽しかった!

ファンの方も優しい方が多く、銀テープの争奪戦もなければ、最後は隣のファンの方と手を繋いで終わるってなんか平和だなぁ…と思いました。

 

 

 

NEWS : QUARTETTO 

→遂に来ました!アリーナ!自担リフト前!いくらお尻を拝む形になったとしても、これまで、散々小山運ばかり付いていた私にはありがたかったです!そして、優しい年上の方と出会うこともこのツアーを通じてできました。毎回重いますが、NEWSでの取引して下さった、年上の方は皆さん優しい方が多くて、とても良い方々と巡り会えたと思っています。

 

 

Sexy Zone : Welcome to Sexy Zone 

→これまでの公演とは異なり、Jr.の数が少ないように思えた。また、大阪最終公演では、Sixtonesのメンバー高地優吾不在のため、岸優太の埋め合わせも見れてとても幸せでした( ; ; )

汗を振りまくファンサってどうなの?健人さん(笑)

 

 

ジャニーズ銀座 

→安定のPrince最終公演に入りました。

クリエほど行くのが嫌な公演は無い!

ほぼ、岸優太、岩橋玄樹神宮寺勇太が好きな人しか集まっていないって考えただけでゾッとする(笑)

でも、キャパが小さいだけに行きたくなるのが魅力なんですよね。

岸くんのリコーダー披露が今もえば、懐かしすぎる!

 

 

 NEWS : QUARTETTO 

→アリーナ公演とドーム公演とでは演出が異なり、あれほどアリーナ公演入ったのにも関わらず楽しめました。

四銃士では、指揮者西村智実さんの登場、そして生演奏。

ドームだからこそ出来る演出。

豪華過ぎます!

検定終えてダッシュでドーム向かった甲斐ありました! 

 

嵐のワクワク学校2016 

→久しぶりにワクワク全ステ(笑)

ジャニーズWESTとのタッグで、ジャニーズWESTの扱われ方が雑すぎて…

でも、席も見やすいところだったので、授業は受けやすかったです!

 

 

 

 

Kis-My-Ft2 : ICECREAM 

→大変申し訳無いですが、こちらは定価割れだったが故にお友達に譲っていただいて入らせてもらいました。

ペンライトが個性的で可愛くて…♡

宮田さんの姿が何とも言えない…(笑)

 

 

 

サマステ ジャニーズキングダム 

 →私の誕生日に自担神宮寺勇太(Prince)出演公演だったので、お友達に頼みこの日を申し込んでもらい、3公演入ってきました!

安定の柵前上手角!

ここの落ち着き半端ないね!

勇太くんかっこ良すぎた!

※さっきから格好いいしか言ってない(ニュアンス)今後も格好いいは言い続けます(笑)

 

 佐藤勝利 Summer Live 2016

→勝利さんのホルン生演奏!

個人的に金管楽器でホルン一番好きなんですよ!

主に裏打ちばかりの楽器がたまにメロディーを演奏する時がたまらないんです!

アリーナ席お立ち台あざます!

あの近さエグいです(笑)

 

 

 

中島健人 #Honey♡Butterfly

 →これは、まさかの岸くん登場でしたね(笑)

その印象が強くて強くて(笑)

でも、健人くんのかっこよさは、他のジャニーズでは無い種類だと思いました。

また手越さんとは異なりますもんね。

 

 

ジャニーズフューチャーワールド

→博多、大阪ともに観劇です。

博多座の狭さはちょっとびっくりしました。

前列と舞台の近さに正直驚きました。

関西と関東の共演。

そして、関東(Prince )の一発芸(笑)

この公演を通して、Princeが恥じらいを少し捨てた気が…

関西Jr.のみなさんありがとうございました。

おかげで、少し違う神宮寺勇太をみれました!

ないないないっないっ ないないないっないっ…なんもないー!(笑)

 

 

 嵐 : AreYouHappy? 

→アルバム聴かずに行きましたが、嵐はとにかく楽しめる!後半特にシングル曲ばかりで楽しくて…

MCでMADEさん出てきて、稲葉くん安定の呼びかけしますが、、、

反応薄っ!(笑)

デビュー組のファンの方々にへまだまだ浸透していなかったんですね。薄々気づいては居ましたが…

 

 

ジャニーズWEST 24から感謝届けます

→初のドーム公演

笑いあり涙あり

懐かしの映像もあり

とにかくクリスマス楽しかったです!

 

 

 

※意見には個人差があります

 

 

おわり

 

#ジャニヲタとコスメ

 

需要皆無

あくまで自己満足兼記録

 

 

美容に関してほとんど興味がないと言っていい私の15分クオリティメイクで愛用している品々です。

 

 

まず、美容液

潤(うるり) / 美白液(しっとり) 商品情報 - @cosme(アットコスメ)

 

朝、とにかくギリギリまで寝たいので時短にもってこいの、オールインワン

何となしに匂いがついてるけど、嫌な感じの匂いじゃないし、つけ心地も満足なので、こちらを愛用しております。

 

 

次に使うのが

 

アイトーク / アイトーク 商品情報 - @cosme(アットコスメ)

 

 

重い瞼で、一重なんでこちらを使って二重に工事しています。

目を瞑った時の突っ張りもなく、メイクを落とすときにも簡単に落ちるので便利です!

コンサートで良く泣く私でも、コンサート後アイプチがとれてるってことはまずない商品です!

 

 

ファンデーションは

 

ジルスチュアート / リッチモイスチュアシルク パウダーファンデーション 商品情報 - @cosme(アットコスメ)

 

ジル・スチュアートのファンデーションを。

高校在学中はメイクする=バイトで出席者の前に立つって時しかしなかったので、そこまでこだわりはなかったんですが、高校卒業と同時に、都会の方へ出て行く機会が増え、ちゃんとした身なりにしておかないと…という意識から少し美に興味は持つようにはなりました。

 

百貨店の化粧品って匂いがきついイメージがあったんですが、そこまで匂いがきついってわけでもないので使いやすいです。

また、肌白の女の子向けなイメージもありましたが、1番暗い色だと、少し肌が黄色人種に近い方でも使えるかと思います。

 

次に使うのが

 

ジルスチュアート / コントゥアリング コンパクト 商品情報 - @cosme(アットコスメ)

 

またズボラ時短が出ました(笑)

チーク

ハイライト

急いでる時にこれ1つで簡単にできるので、発売後数日で買いに行きました(笑)

 

個人的な意見としては、チークが映えないというのが不満点。

ほぼ毎日慌ただしくしてる私には、まぁ、いいかな。程度で使っています。

 

 

アイライナーが

 

ベルサイユのばら / リキッドアイライナー 商品情報 - @cosme(アットコスメ)

 

ベルばらシリーズは高校時代から愛用していて、目尻のはねが一番納得行く雰囲気になるのが、このシリーズでした。

 

マスカラ、つけまつ毛は基本付けないで、自まつげ勝負です。

また、アイシャドウも基本付ないんですよね…

 

あぁ女子力のなさ(泣)

 

口紅がこちら

 

レブロン / マット バーム 商品情報 - @cosme(アットコスメ)

 

バイトで常に明るい表情を作り上げておかないといけないこともあり、少し明るめの色を使っています。

(本音は口紅塗りたくない…(笑))

 

 

はい。

適当時短ズボラ女子の使用化粧品でした。

 

 

 

ぐだぐだだけど

おわり。

 

 

理解し難い行為

 

前々からTwitterで言ったことはあるんですが、基本年下苦手なやつなんですよね。

 

 

私が小中学生の頃に比べたら、デジタル化は進み、携帯電話、スマートフォンを持っている子は少なくないはず。

パソコン起動してTwitterログインしていた私の中学生時代が懐かしい…

 

 

 

なぜ、私が年下嫌いかと言いますと

第一に、金銭感覚の麻痺

 

社会で働けるのは一般的に15歳、高校1年生からではないだろうか。

小中学生は親からのお小遣いで好きなアーティストのCDやDVDを買ったり、コンサートに行ったりとしているはずだ。

私自身実際月1300円の小遣いでCDを買ったりコンサート行ったりとしていた身である。

 

高校に入り、高校2年の秋から初めてバイトと言うものを始めた。

そこで分かったのが、コンサート1回分入るにはどれだけの時間働かないと稼げないかということ。

家庭の事情もあり、月に10回入れるか入れないか程度で月2万〜2万5千円稼げたら満足だった。

 

最近の小中学生の口からよく聞く言葉が「積む」

初めて聞いた時は驚いた。

自分で稼いだことのないガキが、どの口で積むとか言ってんだよ。

所詮親の稼いだ金だろ?

お前の金じゃねぇだろ。

 

 

18歳になるまで積むという行為をせずに、チケット運に恵まれていた私だったので、積むと言うことがどれだけ考えさせられるものなのか分からなかった。

本当は積みたくは無いが、どうしても入りたい(その公演だけだから・千秋楽だから)という意志がない限り積むことはない。

積むなら名義増やせ精神なんです。

 

積むなら、自分で少しでも稼げるようになってから行動に起こし、発言して欲しい。と思うのが年下嫌い1つの理由。

 

 

2つ目の理由は「認知」

デビュー組を昔から応援していた私には考えられない行為だった。

Jr.ファンだからこそ、出来るのが認知何だと思う。

1つ目の理由にも繋がってくることだとは思うが、自担の視界に入る場所に行くにはピンポイントになる。そして、自動的に1階の〜3列目とかだろう。

 

そこまで認知を気にする若い子の精神が分からない時がある。

 

 

 

※意見には個人差があります

 

 

最後グダグダになりましたが、おわり。